参加する前の注意点

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

異業種交流会に参加するに当たって、まず重要なのが自分自身の経歴であり、仕事において何らかの成果を持っている事が前提となります。次に会の内容です。全ての会合がビジネスへの発展を前提としたものではありません。異業種交流と銘打っていたとしてもカップリングを前提としたパーティーの場合もありますし、レクリエーションに重きを置いている場合もあります。人と人との交流なので、このような場所での交流を積み重ねていくことで、新たに生まれる信頼関係もあるかもしれません。しかし、パーティーを楽しみに来た相手に対して、ビジネスを前面に置いた会話をぶつけると、野暮や無粋とも取られかねませんし、何より非効率であるはずです。その交流会に参加する前から、趣旨の確認をしておいた方が賢明でしょう。

会の参加人数も重要です。参加者が多ければ、それだけ多くの人と知り合えるかもしれません。その反面、一人一人と会話できる時間は短くなってしまいがちです。少人数で行う会合の方が、有望な相手とじっくりコミュニケーションができ、良い場合もあるでしょう。このように注意点はいくつかあります。自分の現状や目的などから、参加すべき交流会を見極めてください。

 

常識的な振る舞いを

交流会はイベントの見極めも重要ですが、会場での振舞いにも気をつけなければなりません。ビジネス上の関係になるためには、参加者との信頼関係の構築が大前提です。参加まで漕ぎ着けたとしても、周りからひんしゅくを買えば何の意味もありません。会場では、場に適した行動をとる必要があります。

最初に気をつけるべきは、そのイベントにおける規約です。特に、企業が主催している交流会なら、多くの場合において明文化されたルールがあるでしょう。違反した場合、出入り禁止などにもなりかねません。会場入りする前に、内容をしっかりと確認しておきましょう。また、禁止行為でなかったとしても、強引な対応や一方的で身勝手な会話、乱れた身だしなみなど、常識に欠けた行動が疎まれるのは一般社会と変わりはありません。特別な場といえども、舞い上がらないように気をつけましょう。

これらを心得て場数を踏んでいけば、きっと望んでいたような人脈へと繋がっていくはずです。人間関係の構築には絶対的な対策はありません。しっかりとした準備と常識的な立ち振る舞いができているのであれば、明るい未来へと繋がる最高の出会いが異業種交流会で待っていると信じて、何度でもチャレンジを重ねていくことをお勧めします。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket